保管場所使用権疎明書面は自認書とも言う書類で、専用の用紙がありますので、警察で貰ってきます。車庫の申請の行う土地あるいは家屋が自分の物であると言う事を申請する書類で土地の地番を書き、自分の住所、氏名、電話番号、日付などを書くようになっているだけです。自認書ですので自著でなければなりませんが、特に難しい事はなく、開いているところを埋めるように書けば十分です。ただあて先の警察署長の前に具体的に何々警察と書くことになっています。それから証明申請と、使用の届出を丸を付けて選ぶようになっていますが、普通自動車の場合は、申請を軽自動車の場合は届出を選びます。印鑑は認印でかまいません。実印等の必要はありません。日付は書いた日の事ですので、申請の日ではありませんので、申請日と同じでなくても問題ありません。住所は現住所を省略せず書いてください。用紙は警察に行けばもらえますがそれ以外にネット上でPDFファイルとして公開されているものがありますので、それをダウンロードして印刷すれば手軽です。また土地が自分の名義の物であっても、他人との共同名義になっている場合などは、自認書だけではなく共同名義のひとの保管場所使用承諾書も必要になります。