今や若者の自動車離れが自動車業界で問題になっているそうです。一昔には、18歳になって自動車の運転免許を取得することが待ち遠しかったです。自動車の運転免許は大人の象徴的な一台行事でもありました。ですが、今の若者にはそれほど自動車の必要性がないらしいです。自動車業界には今開催されている東京モーターショーを含めて、がんばってもらいたいものです。
実際に自動車を購入するときには、車両価格やカーナビなどのオプション代金の他にいろいろな手数料が必要となります。その手数料として、支払う変わりに申請の代行を行うわけです。自分で自動車に関する申請を行えばもちろん、支払わなくても良いのは当然のことです。
最大のメリットは、手数料を抑えられる事となりますが、一方デメリットとしてその逆の事が言えます。それは、労力が必要になることです。自動車の登録に関する申請は、その地区を管轄している陸運局に行かなければ行う事は出来ません。陸運局では、多種にわたる申請を行っているので慣れていなければ簡単には行きません。
また、車庫に関する申請は居住地を管轄している警察署へ行かなければなりません。保険に関するものなど他にもあるので手数料を支払った方が良いのかどうかは、各個人の考え方になるのでしょう。
各手続きする手間をかけるか、手数料をとるのかは賛否両論です。”